スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2012.05.21 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

きんかーんにっしょく!!

どこもかしこも金環日食の話題で盛り上がってましたね!かく言う僕も、思わず盛り上がりまして?( *`ω´)

池田ですっ

GREEブログにもほぼ同じ内容書きましたが、あそこは会員じゃなきゃ見られないかもなので、ここにも掲載しますっ。

すごいですよね…地球、月、太陽が一列に並ぶ瞬間!そんな機会を目撃できたんですよ、東京でっ。そりゃテンションも上がるわけで!

動物たちが日食で暗くなるとすごく鳴くという話があり、横浜のズーラシアという動物園では、朝早くから園を開放し、動物たちを観察しつつ、金環日食も見れるというイベントがあったみたいですが、動物より人間の方がテンション高かったみたいですね!?ビバ、人間!?(人へのフォロー)

そんな僕も人間。

最初は「え?金環日食?ふーん」と思ってましたが、いざ朝になるとワクワクしてまして!(((o(*゚▽゚*)o)))

メガネも買ってないのに、見てしまいましたよ、肉眼で!!笑

アレだけ肉眼で見るなとメディアで言われてたのに、肉眼で!!笑笑

そりゃ見もしますわ、人間だもの!?

朝からテンション上げてくれた宇宙の神秘に、感謝しましょう皆さん!(?)


久々に投稿

ブログを更新せずに大放置をしていました。ものぐさ池田と申します。久々に投稿した記事の出だしがこんな感じでいいのかしら。

池田ですっ

+1 12ヶ月連続企画公演の12月分『クリスマス・エンド』に出演して以降、まったく何もなかったわけではないことは、僕のtwitterをご覧頂いていた方々はご存知だと思います。ご存知ない方は、僕のtwitterをしっかりとお読みください嘘ですごめんなさい。

+1『クリスマス・エンド』に出演してからの役者オファーを二件頂いていたのですが、どちらもお断りさせていただきました。うち一本のお断りさせていただいた理由は、僕の出身サークルである劇団くるめるシアターの卒業公演に関わるためでした!(ドヤッ)

僕は大学二年生からサークル活動を始めたので、僕の代(年齢的には僕の一個下)のやつらは、2012年度卒業にあたるわけでっ。だから、どうしてもそれには関わりたくて仕方がなかったんです。

ってなわけで、関わりました!

でも役者としてでなく、舞台監督・舞台美術チーフとしてですがっ。

役者を名乗り出ても良かったっぽい(?)ですが、僕は後輩と共演すると絶対にイライラして仕方なくなると思ったので、その結果、スタッフとして関わろうという結論に至りました。ということで、舞台監督・舞台美術に名乗りを上げました。

まぁそれから色々トラブルありました。

が、割愛!!(!)

こんな舞台美術をつくりました。

まぁ良い美術ね!!
自分で言っちゃうわよ。誰も言ってくれないから。涙

この舞台を囲んでいる青い布は、ぜーんぶ計画的に染めました嘘ですごめんなさい行き当たりばったりんごでした。でも一応の狙いはあって、布の下の部分だけ淡く染めるという目標はそのままに頑張りました。

そして舞台の手前にあるボサ(草たち)は、網でプロセミアムラインを作り、そこに絡ませて飾りました。ちょっと触れるとガンガン揺れるのですが、それはもはや意図です(!)。

舞台で座り込んでる子がいる部分は、概算強度(!)で設計した縁側です。これ作るの苦労したー。

そしてその直後にある四カ所の照明下当てのためのフレーム。この部分のためにアクリル板を600mm×600mmのを4枚発注して、ダメ台を作って、補強材を掛けて…ってやりました。たのしかったです(小学生の絵日記風)。

様々な協力がありまして、無事に舞台を立てることができました。本当に感謝感激です。ありがてぇ〜!!(劇団銀石の内山唯美風)

しかし様々な不思議な出来事が起こる公演でした…え?気になる?それはまた後日、いつの日か。ほら、気になってきたでしょ??

とりあえず、無事に全日程をこなして、本当に良かった良かった!!

スタッフという立場で芝居に関わって、ふと思ったことがありまして。それが、「あ、やっぱ舞台っていいなぁ…」ということ。

僕は芝居が好きだし、何より舞台芸術が好きなんだなぁと思いました。

それは、役者やっていても同じことを感じているんだと思いますが、更にふと思いました。


「あ、役者じゃなくても、いいかなぁ…」と。


なんというか、役者をやりたい、というより、舞台に関わっていきたいという思いの方が強くなってきておりまして。

…まっ、その話もいつかしましょ。

とりあえず今日はこの辺で。久々の更新でしたぁ〜。


皆既月食だ!!

すっげーなぁ!!初めて見たよ!皆既月食!!すげーなぁ!!すげぇなぁ!!

池田です!!

やっぱりロマンがあるなぁ!宇宙!!きっと体験したことのない世界が広がっていて、広がりすぎて途方もないから、「あ、もういいかなぁ」ってなる、それが宇宙なんですね!!飽きるなぁ、宇宙!!

まぁそんなことは決してないですが、とにかく神秘的でしたねぇ…完全に欠けたところまでは建物に入っちゃったから見なかったのですが、空見る度に欠けていく月が、とても良かった〜…。

そんな今日は、やっぱり+1!今週の土曜日本番!?嘘やろーまたまた!

本当です。キャストは本当に良い奴らばかりー!!是非に!是非に!!

--------------------

「…始まったものにはいつか
必ず終わりがやってくる。
それなら、始めなければいい…」
父の死をきっかけに、
少女はそう決めました。
それはある意味、
始まりだったのかもしれません。

+1 12ヶ月連続公演
#12『クリスマス・エンド』

○脚本・演出
目崎 剛

○出演
朝日望(劇団海賊ハイジャック)
池田靖浩
窪田裕仁郎
黒沢佳奈
寺本一樹(創像工房infrontof.)
永渕沙弥(三木プロダクション)
細井ひさよ
三輪友実
安田友加

○スタッフ
舞台監督 西村敏輝
照明 内山唯美(劇団銀石)
音響 田中亮大
舞台美術 三井優子
写真撮影 奥山郁
映像撮影 飯田裕幸
WEB 吉武奈朋美
宣伝美術 黒田哲平(劇団 海賊ハイジャック)
制作 会沢ナオト(mono.TONE)
製作 +1

○タイムスケジュール
2011年12月
17日(土)14:30/19:30★
18日(日)14:30/19:30★
19日(月)13:30★/18:30
★…終演後、出演者の誰かによるアフターイベントあり!

○チケット
前売 2,200円
ペア 4,000円(予約のみ)
高校生以下 1,500円
当日 2,500円

○予約
<予約フォームから予約>
http://ticket.corich.jp/apply/31166/ikd/

<メールで直接予約>
1、代表者名
2、日時
3、枚数
4、備考
をご連絡ください。

ご来場、お待ちしております!!!




+1#12「クリスマス・エンド」

+112ヶ月連続公演の最後を飾る公演です。

池田ですっ

何度も言いますが、12ヶ月連続企画公演も、今月で最後の一本となりました。一年って、あっという間ですね。今年の1月、記念すべき第一弾「EMPTYMAN」に出演していたのが昨日みたいです。それももう最後です。

悲しいかな、僕らの身の回りの物事には必ず最初があって、そして必ず終わりがやってきます。形があれば皆壊れ、人は必ず死に至る。終わりのないものはないのです。…ここでは例外や解釈の問題は一切考えないものとします。笑

目崎さんは次のような旨を口にしました。
「この一年、死にたいと思ったことは何度もあるし、もう嫌だ、やめたいと思うこともたくさんあったけど、楽しかったし、稽古場に来たらそんな気持ちも吹っ飛んだ」

終わらせたかった反面、終わりにさせたくないのかもしれません。

今回の物語は、物事を終わらせたくない女の子の物語です。裏を返せば、物事を始まらせようとはしない女の子の物語です。

始まらなければ、終わらない。始まらなければ、終わることはないから、始まらせなければ良い…。

でもそんな彼女が、様々なことに巻き込まれていく…

ラストが一番面白かったと思わせたい。そんな心意気。

+1#12「クリスマス・エンド」
12月17〜19日@新宿シアターミラクル

乞うご期待。

ご予約→http://ticket.corich.jp/apply/31166/ikd/



バースデイサプライズ

実は僕、12月3日は、誕生日でした。もう一度言います、誕生日でした。

池田ですっ

僕もまた一つ歳をとってしまったのですね。そう思うとゲンナリしてしまいます…歳はとりたくないですね…。

久しぶりに稽古へ行って激しく動くと、身体がすぐに筋肉痛になってしまったほどです。

具体的に言うと、007(シアターゲーム。指差しされた人は定められた動きをしなければならない)の指差しで、肘の筋肉痛めました。そこか!!という人、その通り。どれだけ過去の自分が動き回っていたか、よく分かりました。

歳を重ねてできることも増えるし経験することも増えるけど、もう二度とできなくなることもまた着々と増えていくんだと思うと、なんだかなぁ、という感じです。思い詰めすぎですね。

そんな歳をとった僕は、誕生日当日、なかなかできない経験をしました。

分かってはいました。+1の稽古でサプライズしてくれるのは、分かってはいました。+1はそういう現場です。だから覚悟はできていました。

稽古場にきて、着替えを済ませ、何事もないかのようにシアターゲームで体を温め、罰ゲームをし…という、ルーティンワークのはずでした。

女優の細井ひさよさんの罰ゲームが終わる頃、一人稽古場入口の外の廊下に出て行ったバロン君が、「カチッ!カチッカチッ!」という音を出しました。

「ライターだな」と僕は察しました。

「ケーキ買ってきてくれるなんて、なんていい奴らなんだ。本当にありがてぇなぁ…でもな、お前ら、バレバレなんだよ!!!」とかも思ってました。ごめん。

すると、バロンが部屋に入ってきて、突如叫びました。

「よし!!!!!」

全員一斉に「わーーっ!!!!」と、いや、もう、本当に「わーーっ!!!!」と僕に迫ってきました。そう叫びながら。まるでバッファローの群れに突っ込まれたライオ◯キング、シン◯のお父さんの気持ちでした。

気づくと僕の体は宙に浮いていました。そうです、胴上げされていました。最高にこわい体験でした。首の筋肉が寝違えのような感じになっていたところにそれをされたので、気が気じゃありませんでした。それを二回もされました。

一回目の胴上げ、その直後の写真。


これを撮影した永渕沙弥さんは、Twitterにて次のように呟いています。

「流れで二度目の胴上げを受けて放心状態になった池田さんがレイプされた少女のようでした。」

レイプって、きっとこんな感じです。色々な感情抱えながらの稽古になってしまいましたが、その日は元気でした。

とにもかくにも、支えてくれている人たちに、本当に感謝しています。誕生日メールをくれた、バロン、ユリエルさん、あさみさん、しいやん、みなみ氏、本当にありがとうございました。

そして、誕生日は自分が祝われてばかりではいけません。何より、僕を産んでくれた母親に感謝しなければならない日です。

こうして元気でやっているのも、あなたのお陰です。色々と親不幸なことしているかもしれないけれど、こうして自信持ってやっていけてるのは、ひとえにあなたのお陰だと強く思います。本当に、ありがとうございます。なんだこの遠くの人に語る感じ。笑

極力返していなねば。頑張りで返さねば。頑張らねば。

+1、やはりとてもいい現場です。頑張ります。まだ全貌も何も書いていませんが、ご予約はこちら→http://ticket.corich.jp/apply/31166/ikd/…この流れで!!笑

本当に感謝です!!




次の出演

Next コナン's Hint!!!!「ワサビ」
窪田裕仁郎君(通称バロン)のこのネタはメチャクチャ面白かったなぁ…ワサビがヒントって。ショボいのを当てはめれば無敵なんだよなぁ、このネタ。

池田ですっ

さて、次回の出演ですが、またもや+1に参加させていただきますっ。12ヶ月連続公演のフィナーレを飾るこの公演は、絶対に成功に収めてみせましょう。

この企画最後の公演、今まで+1に出たことのある役者が多数出ます。

ボインでかパイまるでりんご、舞台なら私、脱ぎます、朝日望(劇団海賊ハイジャック)。

言わずもがなの体調不良、細すぎ痩せすぎ大変危険、窪田裕仁郎。

心は20代、見た目は30代、仕草は40代、黒沢佳奈。

化粧を外すとマジ素朴、バイトはウィッグでやりすごせ、永渕沙弥。

ぱっと見天然、中身も天然、僕には暴力、細井ひさよ。

髪を結べばマジ幼女、こう見えて大手銀行勤務、三輪友実。

頭の中は大宇宙、すっとこ発言なんのその、マイしょうがを持ってます、あれ、からしだったっけ、安田友加。

他...

一部悪口のような紹介ですが、僕なりの愛と解釈ください。笑

今まで主宰の目崎さんのメスを入れられたことのあるキャストだらけです。どんな化学反応を見せるか…乞うご期待。

公演期間:2011年12月17日〜19日
公演場所:新宿シアターミラクル

詳細は、Webにて!!
http://tasuichi.soudesune.net/next.html

早く皆に会いたい…僕の愛する関係者の皆様!!お客様!!

是非チェック!!


演劇ばかりじゃなぁ…

前々から思ってはいました。演劇ばかりじゃつまらないなぁ、と。

池田ですっ

いや、でも、演劇楽しいですよ、当然っ。面白いし、楽しいし、やり甲斐あるし、何より色んな人と関われるって最高にいいことだなって!

ただ何かが足らないな〜…何があるかなぁ…と、今日ウニュウニュ考えていましたら、小田急のポスターが目に入りました。


(http://www.odakyu.jp/release/oyama_autumn2011/index.html)

そうや!!!
これや!!!
登山や!!!
(((o(*゚▽゚*)o)))

突然ですが、急に山に登りたくなりました。そうです。急にです。ってなわけで、12月のどこかで大山に行こうと考え始めました。大山は高校生の時、家族で頂上に登って以来なので全く行ってないのです。

あー…すごく幸せだったなぁ…と、何も知らず、うつけ者(今もそんなに変わらない)だった頃の僕を思い出します。いや、今の方が幸せです。そんなことはどうでも良くて。(!)

とにかく最近、体感して得られる感動があまりないということにも気づきました。舞台やテレビを観ながら得る感動もいいですが、芯から感じるっていうんでしょうか…そんな感動が足らないなぁと。

ってなわけで、その手始めに山に登りたいと思いました!

この企画をきっと、鳥谷部くんや一橋じゅっぴーくんあたりに提案すれば、きっとのってくれるにちがいない!!もしくは、10月の+1メンバーとか、拘束ピエロ「ビルはい」(と僕だけ呼ぶ)のメンバーに声かければ、きっとのってくれるにちがいない!!

とにかく!声かけられたら、のってやってください。笑


重大ではないけれど…

重大ではないっていうと失礼だと思うのだけれど、そんなに「重」い話じゃないし、「大」きな話でもないのですけどもね、一応(^_^;)

池田ですっ

えーっと。

単刀直入にもうしますと…

その…

えっと…

あの…

その…



…本日は、晴天でしたね。

…?

あ、曇りか。(マジ間違え)

えっと…

…わたくし池田靖浩は、今後の活動を、
「拘束ピエロの池田靖浩」
ではなく、
「フリー役者の池田靖浩」
として活動していきます。

つまり、拘束ピエロを名乗ることは今後ありません。へへへっ!!(T ▽ T)

ただ拘束ピエロは、実は会員制(「拘束ピエロのこと支えたいとか思う人、集え!の会」と僕は勝手に思ってました。笑)なので、拘束ピエロのHPには名前が残ります。拘束ピエロを支えていきたいのは事実ですし、有名になってほしいです。だから、ピエロに関わってても「おや?」とは思わないで下さいなー( ´ ▽ ` )ノ

どこまでいけるか分かりませんが、今後ともよろしくお願いいたします!!


拘束ピエロ『ビルと廃材』無事終演!

今回も無事に終演しました。ご来場いただきましたお客樣方には、大変感謝申し上げます。

池田ですっ

楽しんでいただけましたでしょうか、『ビルと廃材』。拘束ピエロの作品は、主宰の荒川ユリエル本人も言っていたのですが、若い人たちにしかあまり共感してもらえないということで。

多分、何か夢を追いかけようとしている僕らと同世代の方々(20代前半?)には共感していただけたのではないでしょうか?

本編では「グラム」という架空の競技について悩んでいましたが、多分何にでも当てはまるものなんだと。

僕だって、お芝居をいつまでも続けていられるとは悠長に考えていません。お芝居で食べていきたいという夢はありますが、「続けていれば絶対に夢が叶う」とか「楽しいからずっとやっていこう」と思うには、大分リスキーなジャンルだと思います。

それでも続けたいと思うのは、やはりそこに可能性があるかもしれないという淡い期待を抱いているのだと思いますし、何よりそこに仲間と思えるような人がいるからかもしれません。『ビルと廃材』のラストシーンで皆でわいわいと騒ぐ演出があったのは、そういうことなのかもしれません。

登場人物たちが様々なモチーフとなっています。

夢を叶えたいが、一歩をなかなか踏みだせないピース。
夢を叶えようと、手段を選ばなかったセッタ。
夢に対するプライドを持ち、楽しんでやっているマー坊。
夢から離れるが、仲間を支え続けるホープ。
夢を諦めざるをえなかったキャメル。
他人の夢を牛耳る権力を持つ、ダンヒルとレディーローズ。
夢を叶え、他人の追随を許さない才能を持つ、ガラム。
夢を諦め、代わりにそれに付随するビジネスに傾倒したキース。

あなたは、どれに当てはまりますか?

ご来場いただきまして、誠にありがとうございました!

--------------------

ところで、10月の後半、共演者の三澤さきの誕生日を祝いました。とても美味しそうなチーズケーキでお祝いしました。
ロウソクを立てる時間がなかったので、エアーロウソクで我慢してもらいました。三澤っちはとても喜んでいました。

そこへやってきた、Studio Hatchのオーナーの、藤崎みりかさん。iPhoneのカメラを構え、ケーキを持って満面の笑みの三澤っちに向けて一言。

「うわ〜!かわいい〜!!ケーキ!!」


こんな顔になっちゃいました。

Studio Hatch、本当にお世話になりました。また遊びにいきます。


「ビルと廃材」明日で最後!

明日で最後、「ビルと廃材」。

さて、ここはどこのシーンかしら?

池田ですっ。

やっぱり今回も憎めない奴らばかりで。初共演の方々がたくさんいるんですが、とてもいい人たちばかりで。大好きで。愛おしくて。

物語もかなりストレートに悩みを主張している形です。同世代であれば、もしくは、夢を追い続けている方々にはきっと共感できるであろう愛おしい物語になっていると思います。好き嫌いはもちろんあります。でも、そこから何かを少しでも感じてもらえれば、このお芝居をやる意味があるってものです。

ってなわけで…

明日で最後!!
こんなにストレートな拘束ピエロ、なかなかない!!
是非是非、ご来場下さい!!

ご予約はこちら→http://ticket.corich.jp/apply/31248/ikd/


さて、本日は嬉しい差し入れをいただきまして。

まずは、花!!?

これは嬉しいぞ!!嬉しくて劇場で飾るんでなく、普通に持ち帰ってしまった!!笑

次に、お菓子!!

花を上に載せてしまいましたが、東京ラスク!いただきましたーわっしょい!!

そして、最後はこれ!!

いやー、ナイスチョイスや、分かってるね僕のこと!!笑

もう何かとありがたいことばかり…本当にありがたい…。
明日もがんばろー!!( ´ ▽ ` )ノ


profile

 name→ 池田靖浩

 birth→ 1988/12/03

 twitter→ @ikd123

  小劇場役者を生業に。

  映像製作や舞台美術や宣伝美術や

  演出助手なんかもしています。

  映像に関しては趣味です。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座
PR